OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

秋工駅伝全国大会出場募金お願いします
2019/11/11

秋田工業高校駅伝チームにご協力お願いします。

昨年から学校の方針で駅伝全国大会出場募金は父母の会中心で実施しています。
11月10日は京都市全国大会コースを試走、このあと日体大記録会など12月22日の全国大会に向けて練習を重ねています。
皆さんのご協力お願いします。

募金は郵便局から
郵便払込取扱票にてお願いします。

口座番号 02230-4-128008  

秋田工業高校駅伝全国大会出場募金委員会 です。


東北高校駅伝大会 秋工11位
2019/11/07

 山形県長井市で東北高校駅伝大会が開催された。全国大会出場を決めている秋工は、2時間15分01秒、11位となった。秋田県内では1位、優勝は仙台育英高校の2時間7分54秒、3位の田村高校(福島県)2時間9分50秒 記念大会校として全国高校駅伝大会に出場する。

秋工駅伝メンバー
1区10k 坂本祥太3年 31分43 区間21位 県内4位
2区 3k 杉本真弥1年  9分31 区間10位 県内1位
3区 8k 佐藤宏亮1年 25分42 区間 8位 県内1位
4区 8k 浮田大助3年 25分10 区間 8位 県内1位
5区 3k 石井宏朋2年  9分52 区間18位 県内3位
6区 5k 佐藤祥樹1年 16分26 区間13位 県内2位
7区 5k 橋昂太郎3年16分37 区間17位 県内3位

全国高校駅伝大会出場募金へご協力お願いします
2019/11/05

 第70回全国高校駅伝大会出場する秋田工業高校、出場に伴う募金活動が始まりました。
一部OB関係会社に芳名簿の配布が遅くなっていますが、11月10日前後にはこれまでご協力いただいた団体に配布できる見込みです。
消費税が10%になった直後でもあり、厳しい予想を立てています。どうか皆さんのご協力を心よりお待ちしています。
個人やグループでのご協力ご支援は、郵便局から払込取扱票にて口座番号をご記入の上お振込みをお願いします。

郵便払込取扱票 口座番号
          02230−4−128008

秋田工業高校駅伝全国大会出場募金委員会

寄付金額について一口2000円となっていますが、1000
円でも結構です。

全国大会3位を目標に練習しています。
募金活動は、父母の会中心に後援会とOB会が走り回っています。

写真は秋田県予選大会、左から1区10キロの中川2年生、3区8キロの高橋銀河3年生、4区8キロの高貝3年生、秋田県代表として、12月22日 京都市で行われる全国大会に出場します。1区で大方の流れが読めると言われます。1区はだれが走るのか、1区5キロ地点はどの位置にいるのか、期待が大きいだけに彼らにもプレッシャ-もあります。
20名の秋工陸上競技部員、20名の実力差がありません、日々の練習が選手起用となります。
秋田弁で言えば「馬鹿ずらして いらえにゃ」、

秋工ラクビーが決勝で敗退し今年も全国大会出場はありません、指導陣を猛攻するラクビーOB みんな子供たちです。大昔の秋工ラクビー黄金時代の復活は母校愛ではありません、指導陣や子供たちを見守る気持ちから始まります。




これまでの地区大会の結果、
2019/11/04

これまでの地区大会から実力校が出てきました。
2時間2分代も出てきました。
全国3位を目標にする秋工、7日は東北高校駅伝大会に挑戦する。

これまでの地区大会、
同じ条件ではないので、簡単には比較できませんが

1: 2時間02分46秒 仙台育英(宮城県代表)
2: 2時間03分57秒 倉敷(岡山県代表)
3: 2時間04分47秒 大分東明(大分県代表)
4: 2時間05分06秒 学法石川(福島県代表)
5: 2時間05分17秒 佐久長聖(長野県代表)
6: 2時間05分25秒 世羅(広島県代表)
7: 2時間05分49秒 自由ケ丘(福岡県代表)
8: 2時間05分50秒 開新(熊本県代表)
9: 2時間05分53秒 札幌山の手(北海道代表)
10:2時間05分59秒 東農大二(群馬県代表)

11: 2時間06分07秒 洛南(京都府代表)
  2時間06分09秒 九州学院(熊本県2位)
  2時間06分39秒 大牟田(福岡県2位)
12: 2時間06分56秒 秋田工業(秋田県代表)
13: 2時間07分11秒 鳥栖工業(佐賀県代表)

14: 2時間07分25秒 青森山田(青森県代表)
15: 2時間07分29秒 新居浜東(愛媛県代表)
16: 2時間07分32秒 鹿児島実業(鹿児島県代表)
17: 2時間07分40秒 西京(山口県代表)
18: 2時間07分53秒 北海道栄(北海道2位地区代表)
19: 2時間08分01秒 宮崎日大(宮崎県代表)
20: 2時間08分14秒 智辯カレッジ(奈良県代表)

21: 2時間08分17秒 八千代松陰(千葉県代表)
22: 2時間09分00秒 東洋大牛久(茨城県代表)

23: 2時間09分17秒 敦賀気比(福井県代表)
24: 2時間09分19秒 鳥取城北(鳥取県代表)

25: 2時間09分35秒 埼玉栄(埼玉県代表)
26: 2時間09分39秒 智辯和歌山(和歌山県代表)
27: 2時間09分40秒 関大北陽(大阪府代表)
28: 2時間10分30秒 中京学院大中京(岐阜県代表)
29: 2時間10分35秒 富山商業(富山県代表)
30: 2時間10分35秒 小豆島中央(香川県代表)

31: 2時間10分54秒 滋賀学園(滋賀県代表)

32: 2時間11分19秒 一関学院(岩手県代表)

33: 2時間11分29秒 徳島科学技術(徳島県代表)
34: 2時間12分02秒 東海大山形(山形県代表)

35: 2時間12分42秒 山梨学院(山梨県代表)
36: 2時間13分02秒 島田(静岡県代表) 
37: 2時間13分08秒 中越(新潟県代表)

38: 2時間14分01秒 出雲工業(島根県代表)
39: 2時間14分01秒 高知農業(高知県代表)
40: 2時間18分21秒 北山(沖縄県代表)

42000m(陸上競技場);自然災害の為
2時間06分01秒 國學院久我山(東京都代表)
2時間06分49秒 藤沢翔陵(神奈川県代表)
2時間06分52秒 鎌倉学園(神奈川県2位)




晩秋の伊勢路で全日本大学駅伝大会
2019/11/02

大学日本一を決める全日本大学駅伝大会が晩秋の伊勢路で明日11月3日開催される。
秋工出身選手では、東海大学の 松尾淳之介、順天堂大学 遠藤響、 東北福祉大学 畠山駿斗 の3名がエントリーされている。


東北大会のメンバー発表された
2019/11/02

11月7日(木曜日)山形県長井市で開催される東北高校駅伝大会、今年は70回記念大会となっているため東北から各県代表校以外にもう1校出場できる。
東北大会はプラス1校を決める大会でもある。

秋工の登録メンバー
( )内は学年
橋 昂太郎(3)
坂本 祥太 (3)
浮田 大助 (3)
石井 宏朋 (2)
加賀屋 耀 (2)
佐藤 宏亮 (1)
佐藤 祥樹 (1)
小原 拓夢 (1)
杉本 真弥 (1)
武藤  颯 (1)

秋工駅伝チーム全国大会までの予定
2019/10/29

 10月20日、2時間6分代の記録で全国出場果たした秋工駅伝チーム、11月7日には山形県長井市で東北大会が行われる。11月5日に選抜10人で出発する。
11月8日  京都市全国大会コースへ試走全員参加
11月17日  日体大記録会  全員参加
12月1日  日体大記録会  全員参加
12月17日  秋田空港から京都へ出発
12月22日  全国高校駅伝大会
12月24日  秋田空港着で帰る

全国大会出場募金が始まっています。
OBはじめ、後援会他皆さんのご協力をお願いいたします。


秋工ラクビー応援に集中し長距離カーニバルは欠場
2019/10/27

例年 全国高校駅伝秋田大会一週間後に長距離カーニバルが開催される。
今年も予定通り開催された。
今年は全国高校ラクビー大会秋田予選大会決勝が行われることから、全校応援のため長距離カーニバルは出場していない、

旭化成の齋藤掠 10000m28分台に
10月12日宮崎県長距離記録会が行われた。
齋藤掠は10000m 4位゜と自己記録を更新している。

10000m
4位 齋藤掠 28分47秒08 自己新記録


秋工ラクビー全国出場できず
2019/10/27

 全国高校ラクビー全国大会秋田県予選大会決勝が行われた。フォワードに自信のある秋工ラクビーであった。
応援に行ったラクビー部父兄から「圧倒的に秋工優勢だと言われていたが、秋工チームが振り回されたいた」
応援にもテレビ観戦もしていない想像からは良くわからない、
いずれ結果は17対12で秋田中央高校が2年連続花園出場と報道されている。
秋田県内中学生の体験入学では、一番参加者の多い秋田中央高校、秋田県代表として力強いラクビーを秋工ラクビーの分まで頑張ることを期待したい。

秋工駅伝全国出場募金始まりました
12月27日全国高校駅伝大会に向けて、募金活動が始まりました。
昨年11月5日にラクビー部以外は、学校が関わらない形で全国大会に向けた募金を実施して欲しい方針を学校長から伝えられてから計画されてきました。
この方針には各部や団体からご意見もありますが、いまできることから進めています。
「同窓会くらいは、協力してくれるのではないか」そのような提案もありました。このあと卒業生に発送される秋工同窓会誌に募金依頼文書を一緒に同封するだけで、高額な郵送負担金が発生するため、吹奏楽部などと同様に秋工同窓会には依頼しないことにしています。
これまでも、秋工同窓会誌発送時にお願いしていた経緯はあったようです。学校主体で行った募金だったようですが郵送負担金が募金額の20%以上徴収されていました。
「なぜ、同窓会誌と一緒に送らないんだ」とお叱りもありご報告します。

小助川先生を偲ぶ会
2019/10/26

 秋工駅伝チームが全国出場決めた10月20日、
今年4月29日 大館山田ロードレース大会当日 93歳で亡くなった小助川瑞雄先生を偲び、OBが小助川先生との思い出を語った。

秋田工業高校陸上競技部OBは約1000名、うち小助川先生にお世話になった約200名、今では約20%になっている。

大正14年10月秋田県能代市で生まれる。
昭和18年3月現在の能代高校を卒業、4月に大正大学に入学、(生家の浄土宗のお寺を継ぐため)
昭和19年6月 「学徒出陣」 で陸軍に入隊、
翌昭和20年8月15日に終戦
昭和21年4月 大正大学に復学
昭和23年3月 大正大学卒業
昭和23年4月 早稲田大学文学部東洋哲学科に入学
昭和26年3月 早稲田大学卒業
昭和27年4月 現在の湯沢高校に勤務
昭和35年4月 秋田工業高校へ転勤
昭和54年4月 現在男鹿海洋高校に転勤
昭和60年3月 定年退職

昭和59年7月 秋田インターハイ陸上競技大会では中心的な立場で活躍された。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -