OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

全県駅伝大会湯沢スタート、間もなく秋田県初の総理誕生
2020/09/15

下写真の左は、全県駅伝大会湯沢市役所前、秋田さきがけ新聞本社に向けて午前8時スタート、区間は不明ですが昭和31年石川誠さんです。伴走車のトラックには監督の伊藤好三先生、マネージャーから多くの生徒、必ず太鼓を持った応援団も乗ったそうです。
打倒金農に燃えた秋田工業高校陸上競技部(昭和30年代になると陸上競技部だけで走れたそうです)全県から秋田工業高校に入学できた時代、途中区間の選手を生徒の自宅に前日から宿泊させたそうです。
予想できたと思いますが、生徒たちの自宅では、明日朝走る選手に普段食べることのない、高級な食事を提供、お酒まで出ていたと言う話も聞いたことがあります。
食べるものが無く困っていた秋田工業高校陸上競技部選手たち、こんな機会は2度と無いと思ってしっかり飲んで食べたそうです。
打倒金農を一瞬忘れた選手たち、翌日とても走れる状態では無かったとお話するOB、伴走車のトラックから降りて一緒に走り出す陸上競技部員までいたそうです。
ハングリーな秋田工業高校陸上競技部員たち、古き良く時代の歴史です。

菅総理大臣誕生間近です。
旧雄勝町秋ノ宮出身の菅義偉氏、昭和42年3月奥羽本線で上京したと思われます。
当時の国鉄、昼の特急はジーゼル特急のつばさだけですが、ほとんどは夜行急行津軽1号2号などの普通自由席で上京したと思われます。
奥羽本線は国鉄の歴史から、ほぼこの時代前後で集団就職列車が終了しています。
東北本線青森から上野までは昭和50年前後まで続いていたとされています。

写真右は秋ノ宮温泉郷、ここは新型コロナ感染前まで多くの観光客でにぎわっていました。
現在は、湯沢市の施設でもある秋ノ宮山荘だけが日帰り客でにぎわっています。
全県駅伝大会スタートの湯沢市役所から50分、宮城県に通ずる鬼首峠まで20分です。
秋ノ宮出身、秋田県初の菅総理大臣誕生で、秋ノ宮温泉郷が再び多くの観光客を迎えることが出来ることを期待しています。

800m、3000scの結果
2020/09/12

 800m決勝地区大会で大会記録を更新した秋工大野、2位中央高校斉藤に2秒以上の差で優勝しています。
一歩先を走る大野、続く秋田中央斉藤、後続も全て2分00台のハイペースなレース、今後の更新に期待しましょう、7位の杉本も2分00秒、好記録とでした。
3000msc秋工三浦、練習できない中で9分台の好記録で4位入賞を果たせました。


800m決勝
1位 大野聖登  秋田工高1年  1分55秒05
2位 斉藤ヒロム 秋田中央2年  1分57秒98
3位 佐藤歩向  角館高校1年  1分59秒09
5位 日影裕由  大館鳳鳴2年  2分00秒07
7位 杉本真弥  秋田工高2年  2分00秒87

3000SCタイムレース
1位 竹内温翔  横手清陵2年  9分48秒55
3位 三浦優真  秋田工高2年  9分58秒50
6位 須藤勇樹  由利高校2年  10分14秒06

 

秋田工業高校 寮生活では
2020/09/11

 戦後の昭和20年代、秋田工業高校での寮生活を経験された方からお便りを頂きました。
多くの同僚友人はすでに亡くなられているそうですが、高校の寮と言っても、食べるものが無く、米や野菜、鶏など付近の農家から無断でお借りすることがとても多かったそうです。
農家の方々も、すぐ持って行けるように準備してくれていた様子もあったそうです。


昭和31年 全県駅伝大会(さきがけ駅伝と言われる方もいます)石川誠さんご家族から、駅伝大会で走られた写真を送って頂きました。当時を思い出せる貴重な写真です。当時の監督車はトラックの荷台に監督マネージャー、応援団まで乗っていたのでしょうか?
走る選手は秋田工高昭和32年機械科卒の石川誠さん、監督は戦中から軍事教練として秋田工高に赴任されていた伊藤好三先生です。
(下の写真です)


都道府県対抗駅伝大会中止方針と発表
広島市で男子の都道県対抗駅伝大会が開催されて来ましたが、1月24日の大会については中止の方針であることが発表されました。中止方針の理由については異なる所属先から選手や関係者が集まるため感染リスクが高まり対策を取りぬくい、と言うことでした。

12月20日の全国高校駅伝大会は準備を進めている。
秋田工業高校が目標としている全国高校駅伝大会については、開催準備を進めていると発表されました。
開会式と閉会式の有無など、発表されていない変更事項も多いと思われます。





1500m5000m タイムレースの結果
2020/09/11

 全県新人陸上競技大会1500mと5000mの結果、
この種目はタイムレースでした。

1500mタイムレース
1位 山口真玄 花輪高校2年  4分03秒09
2位 竹内温翔 横手清陵2年  4分03秒50
3位 加藤 秀 横手清陵1年 4分03秒68
4位 池田優也 秋田工高1年  4分03秒73
5位 佐藤祥樹 秋田工高2年  4分04秒00
6位 錦織 望 秋田中央2年  4分05秒79
19位 米村修翔 秋田工高1年  4分19秒00
46名が出場した1500m走でした。

5000mタイムレース
1位 山口信玄 花輪高校2年 15分06秒71
2位 小原拓夢 秋田工高2年 15分13秒89
3位 伊藤陸歩 横手清陵2年 15分24秒76
4位 金澤悠陽 秋田工高1年 15分26秒52
8位 柏原詞音 秋田工高1年 16分08秒46
34名が出場した5000m走でした。

800m予選の結果、大野聖登 秋田工高1年、ただ1人1分代の1分56秒で通過しています。
決勝は明日12日です。



戦後の再建は全県駅伝大会から
2020/09/08

 昭和20年、全県駅伝大会に秋工ラクビー部で出場したと言う方からお便り頂きました。
終戦の昭和20年の全県駅伝大会、秋工は陸上競技部だけでは走れなかったため、秋工にラクビー部と一緒にチーム編成して打倒金農に燃えたそうです。
監督の先生は、軍事教練で秋工に赴任していた伊藤好三先生だったと言っております。
一般は昭和20年の11月3日に郡市対抗で行われたそうですが、どうしても県北県南から秋田市を目指させたかったのではないか、「戦争は終わったのだ」そんな印象を与えたかったのではないか?
県北大館からは10人、県南湯沢からは8人の選手、金農には勝てなかったと言っていました。

その後県北の高校コースは旧鷹巣町出発となり(一般は大館)、丸留旅館が前日から宿泊地になっていたそうです。湯沢市は佐東旅館が秋工の宿泊地となって、それぞれ地区の秋工出身者からお世話になったそうです。
昭和35年頃から湯沢市では昭和30年秋工建築科卒の佐藤三四郎さんが佐藤組を経営されて、湯沢市から監督車を引き受けていたそうです。
秋工卒の方々へ、途中区間の選手を前日から宿泊をお願いしていたそうですが、選手へのサービスがとても良く、食べ過ぎるケースが見られて駅伝当日身体が重く走れない選手が続出したとのお話もありました。
昭和20年代30年代のお話と思われます。秋工校舎の中に寮があったそうです。食事が悪かったのでしょうか?
食べるものが無かったとも言っておられました。全県駅伝の選手になれると前日の秋工卒のご家庭に宿泊すると、「ご馳走をいただける」楽しみにしていた生徒もいたそうです。
「秋工周辺の農家から畑や鶏をお借りして、食べたものだ」許可無くお借りしたものだそうです。
秋工に終戦の学校改革などで7年間修学した澤井さんからは、食べ盛りの生地達が食べるものが無かったころ、親切な農家からは「持って行けと、野菜など届けてくれた」寮生がとても多かったとも言われて居ました。


軍事教練とは 
戦前、戦中、主な高校に日本の陸軍や海軍から教師として赴任していたそうです。そのような先生を軍事教練と言われたそうです。終戦とともに秋工に軍事教練として赴任されていた伊藤好三先生は体育の教師となっております。伊藤好三先生は立派な先生だったそうです。




 

全県新人陸上競技大会が開催されます
2020/09/08

 9月10日(木曜日)から全県新人陸上競技大会が開催されます。雄和県立陸上競技場、グランド内には生徒、諸先生、審判員以外はいることは出来ません、

□秋田県新人陸上競技大会 出場者

9月10日(木)
1500mタイムレース決勝 13:00〜
出場者: 佐藤祥樹(2年) 池田優也(1年) 米村修翔(1年)

9月11日(金)
5000mタイムレース決勝 11:50〜
出場者: 小原拓夢(2年) 金澤悠陽(1年) 柏原詩音(1年)

800m予選 12:45〜
出場者: 杉本真弥(2年) 大野聖登(1年)

9月12日(土)
800m決勝 14:00〜

3000mSCタイムレース決勝 14:15〜
出場者: 三浦優真(2年) 加藤竜聖(1年)

コロナ感染対策をしっかり取っての大会です。

青森記録会がありました
2020/09/08

部活動の県外遠征自粛期間があったり、なかなか他県生徒達と走る期間がありませんでしたが、青森記録会が開催できたそうですので記録をお知らせします。

3000m
池田優也(1年) 8分48秒90 自己ベスト
柏原詩音(1年) 8分59秒24
加藤竜聖(1年) 9分28秒21

5000m
藤本駿世(1年) 14分38秒51 自己ベスト
小原拓夢(2年) 14分40秒28 自己ベスト
加賀屋燿(3年) 14分52秒85 自己ベスト
佐藤宏亮(2年) 14分54秒23
細川  優(2年) 14分57秒98 自己ベスト
金澤悠陽(1年) 15分07秒16 初5000mレース
三浦優真(2年) 15分19秒27 自己ベスト
佐藤祥樹(2年) 15分38秒44
小松  聖(1年) 15分45秒82
米村修翔(1年) 15分59秒83 初5000mレース
野呂衿央(2年) 17分29秒00

1年生と2年生の記録です。
以上の記録から、練習や遠征が自粛された中で鍛えらた生徒たち、好記録です。
3年生は5名、故障者も出たりキャプテン中川雄太をはじめ、有力生徒の出番を見ることが出来ません、監督の橋先生のお話では、心配なく出番を待っている状態だとお話がありました。
9月26日、岩手県一関市で東北の駅伝有力校による記録会が開催されます。
3年生の久々の姿を見ることが出来るでしょう、



全国中学校駅伝大会が中止となりました
2020/09/05

滋賀県で行われてきた全国中学校駅伝大会が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止することになった。
全国高校駅伝大会と同日の12月20日に開催する予定であった。
これまで、10月に予定されていた出雲全日本大学選抜駅伝大会が中止となっている。
正月の風物詩となってする東京箱根間往復大学駅伝大会は10月の予選会をコースを変更して無観客で実施することになっている。

全国高校駅伝大会は予定通り開催できるか、
現在のところ予定通り計画されている。
ただ地区大会の状況等により、再検討されることもあるとの報道もあった。
秋田県予選大会は11月1日、大潟村ソーラーカーコースに変更している。
3蜜を避ける対策も工夫されている。
秋田工業高校陸上競技部で鍛えられた3年生たち、なかなか実力発揮する機会が無い、橋正人監督からは5000m13分台の生徒も数人いると説明もあった。
秋田県予選と東北大会は確実に実施される方向で調整されている。

京都市主催者情報から
全国高校駅伝大会だけは、省略できることは省略または簡素化して実施する方向で準備に入っている。(京都市陸協関係者)、正式には9月16日に最終決定されると説明された。各団体への説明では、全国高校駅伝大会だけは実施できる説得力のある説明をしている。
自信のあるお話があった。
最後に、このままだと京都は死んでしまう。
安全対策を万全にして実施させる。

陸上競技部員たちへ、
全ての日本社会はコロナを無視できなくなった。医学的にもコロナの詳細をつかめるようになってきた(昨日の政治討論会から)目標とする大会を開催できるよう関係者が努力されている。これまでのように諦めることなく監督の先生や部長コーチの先生たちの指導のもと、頑張ってほしい、応援している人はOB、後援会、陸協関係者、最後に家族や親せきの方々いっぱいだ。

男子800m秋工1年大野大会新記録で優勝
2020/09/01

 気温32度、800m決勝がスタート、飛び出した秋田工高1年大野聖登、きれいなフォームで400mを55秒で通過、さらにスヒードを上げゴール、1分55秒93、大会新記録で1年生大野聖登が優勝した。

1位 大野聖登 秋田工高1年生 1分55秒93   
                (大会新記録)
2位 斉藤ヒロム秋田中央2年生 2分01秒09
3位 杉本真弥 秋田工高2年生 2分01秒78

そして、大会最終種目1600mリレー決勝が行われました。予選では3分37秒23 2位で通過しています。
8チーム出場の決勝、1位が秋田高校 3分28秒13 30秒以内が一校だけです。秋田工高チーム1走スタートが800mで大会新記録で優勝した大野聖登1年生、ほぼトップで2走の杉本真弥2年生800m3位にバトンを渡して、3走は池田優也1年生、そしてアンカー4走は佐藤祥樹2年生
タイムは3分38秒49と8チーム中 8位となっています。

写真は左から400m55秒で通過した大野、第二集団でも杉本が上位位置をキープしています。そして大野 独走しながらもラストスパート、大会記録を更新することが出来ました。


5000m決勝の結果小松1年生が優勝
2020/09/01

 スタートでフライングが出てしまった。
レツトカードを受けて選手1人が退場、若干のスタート遅スタート直後、気温32度 多湿によりペースが若干の遅いかなとも思われました。

秋田工高2年佐藤宏亮中心にトップ集団が形成され、その後秋田工高1年小松聖、藤本駿世、トップが入れ替わるスピードレースとなっています。
佐藤宏亮はトップ争いから離れた。

1位 小松聖  秋田工高1年生  15分22秒13
2位 藤本駿世 秋田工高1年生  15分22秒13
3位 佐藤宏亮 秋田工高2年生  15分51秒38
4位 錦織望  秋田中央2年生  16分23秒88

写真は左から佐藤宏亮中心としたトップグループが形成されていましたが、小松聖と藤本駿世が飛び出し秋田工高1年生2人のトップ争いとなり同タイムで小松聖が優勝。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -