OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

競歩王国日本
2019/03/05

 NHK総合に勝木隼人選手、小林快が競歩の魅力を説明した。この二人長距離選手を目指していたが、それぞれ競歩と接する機会があった。
箱根駅伝をめざした小林快であったが、早稲田大学の時に、記録が伸びず、監督から マネージャーをやるか、競歩をやるか、退部するか選択を求められ、競歩を選択し競歩の魅力に接していると言うわけだ。
心、技、体 究極の戦い、陸上競技種目では一番過酷な種目だ。
小林快は競技中周囲を見回し、知り合いや友人を探しているようだ。録画からは挨拶をしているようだ。
4時間の競歩競技中は集中していないようだ。
時間が長すぎて、集中すると疲れるのだそうだ。

NHK総合今夜10時25分小林快が出演
2019/03/05

 東京五輪出場を目指す競歩の小林快、今夜10時25分NHK総合番組「グッとスポーツ知られざる世界最強、日本競歩の強さに迫る相葉も驚く歩きの神髄」に出演する。秋工から早稲田大学、ビックカメラと競歩で輝いてきた。今は ビックカメラを退職して東京五輪出場を目指している。

秋工の卒業式が行われました
2019/03/04

 3月2日秋工卒業式が行われ237名の卒業生が学び舎を旅立った。陸上競技部卒業生は7名、笑顔の陸上競技部卒業生の写真をお願いしておりました。
陸上競技部卒業生は、間もなく大学へ出発する生徒など、新しい生活へ向かっています。
別れの3月、寂しい季節でもあります。
陸上競技部生徒たちの笑顔、目標に向った3年間、応援しているOB、後援会、彼らから得たものはとても大きい、 彼らの笑顔を見て、良かった。おめでとう、

頑張れ

福岡クロカン訂正のお知らせです
2019/02/24

 秋工を応援している皆さんから叱られそうです。
訂正がありました。出場選手は7名で記録にも誤りがあったそうです。
訂正した結果をお知らせします。
出場選手は341名、秋工出場は7名でした。
秋工最高位は、竹村拓真 24分49秒、上位から僅差のタイムで24位、春を迎える福岡クロカン、3月24日には伊那駅伝大会が、4月29日は、秋田県内でもシーズンスタートを切る山田ロードレス大会が開催される。


8キロクロスカントリー
竹村拓真 24分49秒 24位  
小松兼梧 24分57秒 31位  
鈴木吟河 25分01秒 36位
高橋銀河 25分05秒 43位  
柴田宣憲 25分22秒 76位  
鈴木玲央 25分36秒 97位 
畠山莉央 26分03秒 138位   

2月23日は福岡クロカン
2019/02/19

 福岡クロカンには秋工8名の選手がエントリーしている。3年生も出場する。
間もなく卒業式を迎える秋工陸上競技部員3年生、3年生を送る会に参加したOBから、3年生が一人一人しっかり挨拶できることに、感激したお便りがあった。
秋工の3年間、目標を持った充実した3年間だったからこそまとまる挨拶。秋工を旅立つ時は間もなくだ。

小林快 フリーとなり五輪を目指している
2019/02/09

 ビックカメラを退職して現在フリーとなって、東京五輪を目指している。
50キロ競歩の五輪枠は最大3、今年秋の世界選手権大会で日本選手上位3位で東京五輪枠が内定する。
現在25歳、所属チームとスポンサーを探している。
五輪出場は激戦必至だ。

頑張れ小林快、

3年生を送る会 4
2019/01/26

中学校の先生たちから卒業生を紹介

3年生を送る会 3
2019/01/26

中学校の先生たちから卒業生を紹介

3年生を送る会 2
2019/01/26

 父母の会新会長は、たかぎん のお父さんだ。3年生から、たかぎん、たかぎん の愛称で呼ばれる高橋銀河、写真左がたかぎんのお父さん、新会長だ。となりの写真は衆議院議員の冨樫博之後援会顧問だ。
冨樫博之さんの奥様が陸上競技経験者、秋工陸上競技部の活躍に感激している。昨年の全国大会遠征募金でも、有坂校長や工藤同窓会長が学校としてはラクビー部以外募金には関わることが出来ないと、有坂校長名召集の会議で説明を聞き、父母会、OBは驚いた。
そんな中、冨樫博之さん「違和感はあるが、まずは全国大会に送る経費を準備することだ」
冨樫博之さんは、募金することに協力的だった。

気になっていたが、 底辺では、全国大会へ出場する部活OB中心に別組織の模索がある「わかるか?」 とラクビー部OBに聞かれた。全く初耳なので「分からない」と答えた。学校と関りの無い同窓会を作ると言っている人もいると言う。これは、昨年12月の各地域の同窓会忘年会で出た話だと説明された。
「エネルギーのある人もいるものだ。」この話は毎年全国大会に出場している駅伝陸上競技部関係者は関わっていない、が話の内容は十分に理解できる。駅伝募金には芳名簿でご協力していただいた方々だ。
募金に関しては、高校野球のような大掛かりな募金活動以外は、各部活関係者で実施たほうが良いのではないか? 秋工ラクビー後援団体も一丸となっていると思いたい、勝敗だけに拘らず一丸となってもらいたい、
秋田中央高校体験入学には、説明会場に入りきれないほど中学3年生が集まった。秋田中央高校のラクビーはまだまだ強そうだ。

写真の冨樫博之さん、いつもより にこやかだ。湯上りっぽい肌に見えた。今日は、ビューホテルから移動し2回目の会場だ。あいさつ後次の会場に移動した。
生徒たちから、一番多く名前の出た大友先生、野呂先生、高橋先生の写真が無かった。だれかの背中を撮ってしまった。お詫びです。

3年生を送る会 1
2019/01/26

 3年生を送る会が開催された。
3年生7人が3年間の学び舎を、先生たちとの出会い、思い出を語った。
目標を持ち秋田工業高校に、そして陸上競技部に入り、厳しい練習に耐えた三年間。悔し涙を見せたこともあった三年間、彼らにとっては苦しいこともあった三年間だった。OBや後援会員から見ると光輝き続けた三年間、勇気づけられることも多かった。
「今年も秋田工業高校陸上競技部卒業生は、学業成績いいんだよ」と全国高校駅伝大会でスボーツ新聞記者の会話から聞こえてきた。

三年間走れた感謝の気持ちを伝えた。
学生服姿の彼らは、背が高くいい男だ。

写真左は卒業する3年生の7人、写真右はいつも応援してくれる中野谷さんから一人一人にお祝い品を渡していただいた。写真下はこの方を無くしては秋工陸上競技部は語れないほどお世話していただいている。佐藤さんと監督の大友先生の奥様




menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -