OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

立川ハーフの結果、小林快所属決定
2019/04/20

2019立川ハーフマラソン結果

1位; 相澤晃 1時間01分45秒 東洋大学



6位; 松尾淳之介 1時間02分24秒 東海大学 


   続木日向  1時間06分59秒 日本体育大学
   杉本雄月  1時間07分09秒 東海大学
   工藤山河  1時間08分39秒 国士舘大学

秋田工高OB選手も各全国大会で活躍している。
松尾も4年生、頑張ってくれるでしょう、3000m障害の續木、全国大会で名前が聞こえるようになった。
杉本、山河も練習にも慣れこれからが期待される。

競歩の小林快、東京五輪出場を目指して所属が決まった。新潟アルビレックスRC、スポンサー企業は、暖房器具で有名な株式会社コロナ。





 

50キロ競歩世界陸上1枠を目指して
2019/04/15

 小林快、秋田県大館市出身秋工から早稲田大学へ、3年生から競歩に専念した。短期間で20k競歩の日本トップレベルに成長した。しかしリオ五輪に出場できず50k競歩に進出した。
東京五輪を目指す小林快の闘いが続く

秋工 陸上競技部新年度スタートしました。佐藤尚東洋大コーチ退任
2019/04/08

 4月に入り秋工陸上競技部が指導体制が変わった。これまで多くの実績伝統を作り上げた大友貴弘先生が、再任用勤務2年満了をむかえ勇退された。
秋工19年間の功績をたたえ、多くのOB卒業生から惜しまれている。
新しい指導体制は、監督が高橋正人先生、コーチが加賀谷徹先生、部長には英語教科の先生が予定されている。
現在、秋工長距離をめざした生徒が20数名、4月29日の山田ロードレース大会出場を目指している。

東洋大学コーチとして25年間勤務され、3月で退任した佐藤尚さんが秋田に戻ることになった。
秋工47年卒の佐藤さんは、東洋大学を卒業後秋田市内に勤務の傍ら、秋工陸上競技部の指導に大きな力を発揮した。
その後、東洋大学陸上競技部監督として依頼があった。
それから25年、箱根駅伝優勝など、東洋大学では、この人無くしては語れないほどの象徴指導陣として功績を残した。
送別慰労会には、約450名の東洋大学関係者、陸上競技部関係者が参加した。


秋商陸上競技部元監督 笹村先生が永眠されました
2019/04/03

 昭和40年代前半から長い間、秋田商業高校陸上競技部監督としてご活躍された笹村健明先生が永眠されました。
笹村先生は石川憲惣先生が就任されてから秋田県教育委員会へ赴任、保健体育課長、その後金足農業高校学校長として、追分金足地域では広く知られておりました。
84歳でした。
笹村健明先生の秋商時代の教え子である石川憲惣先生は、昭和22年生まれ、定年退職 数年後八橋陸上競技場内で脳梗塞で倒れております。意識が戻れないまま永眠されています。

葬儀は4月6日(土) 午前11時から
秋田市山王二丁目4-81 秋田典礼会館セレモ
           電話018-862-5106
喪主は 笹村健成 様

伊那駅伝大会秋工7位に
2019/03/24

 招待高として東北から3校、学校石川、仙台育英、秋工が出場した。秋工は7位入賞を果たすことが出来た。

学校順位
1位 世羅高校   2時間10分58秒
2位 仙台育英高校 2時間11分10秒
3位 学法石川高校 2時間11分51秒


7位 秋田工業高校 2時間13分05秒

 秋工各選手成績
区間記録・順位
1区 6.6km貝瞬 19分26秒 区間6位
2区 8.9km中川雄太 27分54秒 区間15位
3区 7.2km小松兼梧 23分52秒 区間23位
4区 9.1km高橋銀河 28分04秒 区間4位
5区 5.1km浮田大助 16分04秒 区間17位
6区 5.295km坂本祥太 17分45秒区間14位

42.195km 京都全国大会の前哨戦とも言える伊那駅伝大会、秋工選手全員が大健闘した。

この後、恒例の春合宿に向かった。

競歩王国日本
2019/03/05

 NHK総合に勝木隼人選手、小林快が競歩の魅力を説明した。この二人長距離選手を目指していたが、それぞれ競歩と接する機会があった。
箱根駅伝をめざした小林快であったが、早稲田大学の時に、記録が伸びず、監督から マネージャーをやるか、競歩をやるか、退部するか選択を求められ、競歩を選択し競歩の魅力に接していると言うわけだ。
心、技、体 究極の戦い、陸上競技種目では一番過酷な種目だ。
小林快は競技中周囲を見回し、知り合いや友人を探しているようだ。録画からは挨拶をしているようだ。
4時間の競歩競技中は集中していないようだ。
時間が長すぎて、集中すると疲れるのだそうだ。

NHK総合今夜10時25分小林快が出演
2019/03/05

 東京五輪出場を目指す競歩の小林快、今夜10時25分NHK総合番組「グッとスポーツ知られざる世界最強、日本競歩の強さに迫る相葉も驚く歩きの神髄」に出演する。秋工から早稲田大学、ビックカメラと競歩で輝いてきた。今は ビックカメラを退職して東京五輪出場を目指している。

秋工の卒業式が行われました
2019/03/04

 3月2日秋工卒業式が行われ237名の卒業生が学び舎を旅立った。陸上競技部卒業生は7名、笑顔の陸上競技部卒業生の写真をお願いしておりました。
陸上競技部卒業生は、間もなく大学へ出発する生徒など、新しい生活へ向かっています。
別れの3月、寂しい季節でもあります。
陸上競技部生徒たちの笑顔、目標に向った3年間、応援しているOB、後援会、彼らから得たものはとても大きい、 彼らの笑顔を見て、良かった。おめでとう、

頑張れ

福岡クロカン訂正のお知らせです
2019/02/24

 秋工を応援している皆さんから叱られそうです。
訂正がありました。出場選手は7名で記録にも誤りがあったそうです。
訂正した結果をお知らせします。
出場選手は341名、秋工出場は7名でした。
秋工最高位は、竹村拓真 24分49秒、上位から僅差のタイムで24位、春を迎える福岡クロカン、3月24日には伊那駅伝大会が、4月29日は、秋田県内でもシーズンスタートを切る山田ロードレス大会が開催される。


8キロクロスカントリー
竹村拓真 24分49秒 24位  
小松兼梧 24分57秒 31位  
鈴木吟河 25分01秒 36位
高橋銀河 25分05秒 43位  
柴田宣憲 25分22秒 76位  
鈴木玲央 25分36秒 97位 
畠山莉央 26分03秒 138位   

2月23日は福岡クロカン
2019/02/19

 福岡クロカンには秋工8名の選手がエントリーしている。3年生も出場する。
間もなく卒業式を迎える秋工陸上競技部員3年生、3年生を送る会に参加したOBから、3年生が一人一人しっかり挨拶できることに、感激したお便りがあった。
秋工の3年間、目標を持った充実した3年間だったからこそまとまる挨拶。秋工を旅立つ時は間もなくだ。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -