OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

小林快 フリーとなり五輪を目指している
2019/02/09

 ビックカメラを退職して現在フリーとなって、東京五輪を目指している。
50キロ競歩の五輪枠は最大3、今年秋の世界選手権大会で日本選手上位3位で東京五輪枠が内定する。
現在25歳、所属チームとスポンサーを探している。
五輪出場は激戦必至だ。

頑張れ小林快、

3年生を送る会 4
2019/01/26

中学校の先生たちから卒業生を紹介

3年生を送る会 3
2019/01/26

中学校の先生たちから卒業生を紹介

3年生を送る会 2
2019/01/26

 父母の会新会長は、たかぎん のお父さんだ。3年生から、たかぎん、たかぎん の愛称で呼ばれる高橋銀河、写真左がたかぎんのお父さん、新会長だ。となりの写真は衆議院議員の冨樫博之後援会顧問だ。
冨樫博之さんの奥様が陸上競技経験者、秋工陸上競技部の活躍に感激している。昨年の全国大会遠征募金でも、有坂校長や工藤同窓会長が学校としてはラクビー部以外募金には関わることが出来ないと、有坂校長名召集の会議で説明を聞き、父母会、OBは驚いた。
そんな中、冨樫博之さん「違和感はあるが、まずは全国大会に送る経費を準備することだ」
冨樫博之さんは、募金することに協力的だった。

気になっていたが、 底辺では、全国大会へ出場する部活OB中心に別組織の模索がある「わかるか?」 とラクビー部OBに聞かれた。全く初耳なので「分からない」と答えた。学校と関りの無い同窓会を作ると言っている人もいると言う。これは、昨年12月の各地域の同窓会忘年会で出た話だと説明された。
「エネルギーのある人もいるものだ。」この話は毎年全国大会に出場している駅伝陸上競技部関係者は関わっていない、が話の内容は十分に理解できる。駅伝募金には芳名簿でご協力していただいた方々だ。
募金に関しては、高校野球のような大掛かりな募金活動以外は、各部活関係者で実施たほうが良いのではないか? 秋工ラクビー後援団体も一丸となっていると思いたい、勝敗だけに拘らず一丸となってもらいたい、
秋田中央高校体験入学には、説明会場に入りきれないほど中学3年生が集まった。秋田中央高校のラクビーはまだまだ強そうだ。

写真の冨樫博之さん、いつもより にこやかだ。湯上りっぽい肌に見えた。今日は、ビューホテルから移動し2回目の会場だ。あいさつ後次の会場に移動した。
生徒たちから、一番多く名前の出た大友先生、野呂先生、高橋先生の写真が無かった。だれかの背中を撮ってしまった。お詫びです。

3年生を送る会 1
2019/01/26

 3年生を送る会が開催された。
3年生7人が3年間の学び舎を、先生たちとの出会い、思い出を語った。
目標を持ち秋田工業高校に、そして陸上競技部に入り、厳しい練習に耐えた三年間。悔し涙を見せたこともあった三年間、彼らにとっては苦しいこともあった三年間だった。OBや後援会員から見ると光輝き続けた三年間、勇気づけられることも多かった。
「今年も秋田工業高校陸上競技部卒業生は、学業成績いいんだよ」と全国高校駅伝大会でスボーツ新聞記者の会話から聞こえてきた。

三年間走れた感謝の気持ちを伝えた。
学生服姿の彼らは、背が高くいい男だ。

写真左は卒業する3年生の7人、写真右はいつも応援してくれる中野谷さんから一人一人にお祝い品を渡していただいた。写真下はこの方を無くしては秋工陸上競技部は語れないほどお世話していただいている。佐藤さんと監督の大友先生の奥様




初代OB会長澤井完造さんが亡くなりました
2019/01/24

 澤井完造さんは秋田工業高校航空機科に入学、在学中に終戦となり学校改革とも重なり秋田工業高校に7年間在籍、卒業するときは学科も変わり機械科となって昭和25年に卒業されています。
澤井完造さんはその後、秋田教育委員会の教員採用実習を受け教師として男鹿市内の小中学校へ勤務されました。
歌うことが得意な方で、語りの入る歌は特に熱唱しておりました。
1月18日永眠されました。88歳でした。
故人の遺志で近親者のみにて葬儀は終え、ご香典等お心遣いはご辞退申しあげますと、お知らせがありました。
偲ぶ会等のお問い合わせもありますが、同期や前後の方々もご高齢となりました。偲ぶ会の予定について現在のところ予定はありません、

NHKのど自慢大会に出場
平成23年10月29日 秋田県八郎潟町体育館

都道府県対抗駅伝秋田県チームは29位に
2019/01/20

 全国から各都道府県好記録者が出場する都道府県対抗駅伝大会、秋田県は29位、思いがけない記録だった選手、実力を見せた選手など、それぞれ思い出の大会となった。
1区7000m 中川雄太 秋田工高1年生 20分53秒 区間24位、好記録でタスキを繋いだ。
4区5000m 高橋銀河 秋田工高2年生14分36秒と好記録で区間8位、順位を上げた。
さらに 5区8500m竹村拓真 秋田工高3年生も実力を出し切り25分23秒 区間19位 8人抜きを果たした。7区13000m 東海大学3年生 松尾淳之介38分58秒 故障上がりとは思えない力走で区間33位。

秋田県チームの結果
1区 7000m 中川雄太秋田工高1年生20分53秒区間24位
2区 3000m 杉本真弥大曲中3年生9分10秒区間36位
3区 8500m 澤藤響 順大2年生25分57秒区間44位
4区 5000m 高橋銀河秋田工高2年生14分36秒区間8位
5区 8500m 竹村拓真秋田工高3年生25分23秒区間19位
6区 3000m 藤本駒世大曲中2年生9分7秒区間31位
7区 13000m 松尾淳之介東海大3年生38分58秒区間33位

綜合では2時間24分04秒  29位だった。

補欠登録選手は
10000m29分46秒の 赤平大輔(プレス工業)
5000m14分46秒の 小松兼悟(秋田工高)
3000m9分15秒の 佐藤祥樹(雄勝中)

湊谷がメンバーから外れる
2019/01/20

今日12時30分 都道府県対抗男子駅伝大会が広島市平和公園をスタートする。
箱根駅伝大会は東海大学初優勝に輝いた立役者の湊谷春紀がインフルエンザのため欠場する。大学生最後の都道府県対抗駅伝、本人も残念に思っていることでしょう、
7区アンカー最長区間には、東海大学松尾淳之介が出場する。松尾も故障のため箱根駅伝では応援する姿より見えなかった。

秋田県オーダー(7区間 48キロ)
1区(7キロ)中川雄太 秋田工高1年生
2区(3キロ)杉本真弥 大曲中 3年生
3区(8.5キロ)澤藤響 順天堂大2年生
4区(5キロ)高橋銀河 秋田工高2年生
5区(8.5キロ)竹村拓真 秋田工高3年生
6区(3キロ)藤本駒世 大曲中2年生
7区(13キロ)松尾淳之介 東海大3年生

中学生選手以外は秋田工高や卒業生選手で上位入賞を目指す

田口康平 箱根候補選手が大根づくりに没頭
2019/01/16

 秋工から大東大と駅伝選手として活躍した田口康平さん(35歳)秋田さきがけ新聞で、沼山大根復活に没頭している姿が照会された。
横手市大沢の沼山地区で昭和の時代に盛んに栽培されていた地大根、沼山大根の復活に、県内の就農5年から12年の若手農家たちが取り組んでいる。
大仙市強首出身の田口康平さん、秋工陸上競技部時代の笑顔で沼山大根復活に没頭している。

1月20日は都道府県男子駅伝大会
2019/01/13

 都道府県対抗女子駅伝大会が京都市で行われた。
1区では3位でタスキを渡すなど、大活躍を見せてくれた。
そして、1月20日は広島市で都道府県対抗男子駅伝大会が開催される。

エントリーリストが発表されました。

1区; 高橋銀河  秋田工業高校 14分23秒12
2区; 杉本真弥  大曲中学    9分03秒09
3区; 湊谷春紀  東海大学   30分03秒94
4区; 中川雄太  秋田工業高校 14分33秒62
5区; 竹村拓真  秋田工業高校 14分24秒26
6区; 藤本駿世  大曲中学    9分11秒46
7区; 松尾淳之介 東海大学   29分16秒70

補欠選手
1、 澤藤響   順天堂大学   29分15秒74
2、 小松兼悟  秋田工業高校  14分37秒03
3、 佐藤祥樹  雄勝中学    9分15秒46

10000m、5000m、3000mの記録を参考に表示しているようです。



menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -