OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

都道府県対抗駅伝大会今年も中止となりました
2022/01/13

都道府県対抗駅伝大会、秋田県チーム男子監督は、秋田工業高校高橋正仁先生、選手も秋田工業高校選手中心に構成されていましたが、コロナ感染対策のため昨年に続き中止となりました。

東海大3年竹村拓真が9区に出場
2022/01/04

秋田さきがけ新聞では、東海大両角監督1区のアンカーが区間19位と失速、2014年以来のシード落ち、予選会からスタートとなる。

秋田工業高校時代もエースとして活躍した竹村拓真は9区に起用された。区間8位と健闘したが、アンカーの失速で東海大はシード権を獲得できなかった。

神奈川大学鈴木玲央は当日交代、来季を目指す。

ニューイヤー駅伝2022松尾淳之介が出場
2022/01/02

お正月恒例のニューイヤー駅伝、群馬県庁前を発着点とする実業団駅伝大会、100キロを7区間で走る伝統の大会、DeNAからNTT西日本に移籍した湊谷春紀と松尾淳之介、湊谷は調整中のため出場していない、松尾淳之介はNTT西日本チーム5区に出場、チームとしては37チーム中15位、松尾自身も区間21位とチームに健闘した。

箱根駅伝が1月2日スタートです。
2022/01/01

1月2日午前8時東京大手町読売新聞社前をスタートします。
発表された秋田県内、秋田工業高校卒業選手では1人神奈川大学3年 鈴木玲央が8区でエントリーされています。
同じ神奈川大学で高橋銀河、東海大学の竹村拓真、出場を待つ補欠選手で登録されています。

6区、7区、全員写真です。
2021/12/30

写真左は5区からのタスキを待つ6区大野聖登、そして7区アンカー細川優、

西京極陸上競技場から全員写真

2区3区4区の力走写真
2021/12/30

OB、後援会員は芳名簿の回収に回っています。
年末の寒くせわしい中、ご確認も合わせてよろしくお願いします。
全国高校駅伝大会、応援が規制されながらも秋工駅伝チームの写真届いています。下写真左から2区佐藤祥樹、30区藤本駿世、4区小松聖

秋工駅伝チーム帰りました。
2021/12/28

秋田空港到着ロビーに超神ネーガー突然出現、秋工駅伝チームの活躍をテレビで感動したと言う、「秋工アンカー細川のゴール前スパートには、超神ネーガーも驚いたよ」秋工駅伝チームを待つワゴンタクシー3台の運転手さん、「アンカーのゴール前スパート前には力が入り叫んでしまった。」
「選手全員が実力を出し切っている」「1区は予想通りか?」「1区は10000mをしっかり29分代で走っている。りっぱなもんだ。」定刻通り到着すると案内されていた大阪伊丹発JAL便、結局約30分遅れの到着、秋工駅伝チーム活躍の話題話に!
到着した選手たちを見ていた。空港ビル女子職員「私、昨年の中川と同期なんです。みんなかっこいい!」

秋工駅伝チーム28日に帰ってきます。
2021/12/27

ゴール前でも競い合い、9位に入る健闘した秋工駅伝チームが28日秋田空港着14時35分 日本航空2173便で帰ってきます。

今朝の秋田さきがけ新聞から
2021/12/27

区間賞の大野の大きく掲載、さらに区間5位の2区佐藤祥そして、7区アンカー細川ゴール前の競り合い、県民を沸かせた。

6区大野聖登の区間賞秋田県では29年ぶり
2021/12/27


今朝の秋田さきがけ新聞、秋田県選手の区間賞の獲得は現在明桜高校の佐藤寛人選手が獲得してから29年ぶり、秋田工業高校としては、昭和39年東京オリンピックの年、全国高校駅伝大会、中川衛氏(現OB会長)が一区でトップで2区へタスキを渡してから57年ぶりか? そんなお便りも頂いています。
区間3位はあったと思われる。以前ご父兄の方からも

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -