OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

大学、一般に多くのOB選手が活躍した
2022/06/25

箱根駅伝大会に出場している東洋大、青山学院、中央大、順天堂大、東海大、などあわせて10校が出場、最終区東洋大学、青山学院大が後半トップ争いをしていたことが分かった。優勝は東洋大学、7区吉田の追い上げで優勝した。
OB選手では、中央大学Bチームの6区9.9キロ佐藤宏亮が30分30秒区間4位と好タイムを記録、
東海大学1区13.4キロ竹村拓真が40分05秒、区間4位と好タイムを記録した。東海大学は6位となった。

一般は大学と同時スタートで結果を区分けするだけの同じコースだ。
1区スタート直後は東海大学の竹村が先頭でレースが続いた。大館北秋陸協A 渡辺和博は1区13.4キロ43分22秒区間8位、能代山本陸協 近藤大貴は43分22秒区間14位、

2区11.8キロは2位となった土崎陸友会、才村流成40分52秒区間9位と健闘している。大館北秋陸協B 花田充47分44秒区間29位、

3区7.5キロ 大館北秋陸協B 大黒渉29分16秒区間28位

5区8.2キロ 大館北秋陸協A 三沢悠也27分36秒区間12位

6区9.9キロ 大館北秋陸協A 大沢駿 34分21秒区間13位

7区10.1キロ 大館北秋陸協A 佐々木渉37分47秒区間24位


男鹿駅伝大会Aチーム1区で大事を取り棄権
2022/06/25

男鹿駅伝大会男鹿市総合運動公園出て、 右に曲がる一般
大学男子、左に曲がる高校男子、広い男鹿半島天候も異なる。高校男子は7区間48キロ、26チームが出場、秋田工高Aチーム1区で脱水症状に棄権となった。
大学や一般でも救急搬送される選手が目立ち、雨天から快晴に変わる天候が怖い、秋田工高 Bチーム 19位、全国の強豪校が出場、秋田県内からは秋田工高2チーム他は金足農高と大館鳳鳴の4校だけとなった。

800mと1500mインターハイ出場の大野と5000m東北入賞実力の藤本は今後大会調整のためエントリーしていない、Aチームは1区で2区へタスキが渡らなかった。
そのため、オープンで2区から出場した。そのオープンのAチームに区間10位以内が3名出ている。
2区4.3キロ13分17秒区間9位の、米村修翔、3区6.3キロ19分31秒小松聖、区間2位、6区4.8キロは池田優也14分38秒8位、アクシデントはあったものの追う力は発揮できた。

男鹿駅伝大会に魅力発見か
2022/06/22

男鹿駅伝大会は今年から一部コースが変更となって、各チームが挑戦する。
優勝経験もある秋田工高は、2チーム出場する。高校男子の部には27チームが出場する
6月25日土曜日、男鹿市総合運動公園を午前9時10分スタートする。これまでの男鹿駅伝高校の部は42.195キロであった。今年からの新しいコースは5キロ前後長くなる。
大学の部には、恒例の東洋大、東海大と、順天堂大、青山学院大など12チームが出場する。最終目標の箱根駅伝大会までの間、気持ちに余裕の持てる時間なのでしょう、
男鹿市からは大学の象徴監督たちも来ると言う、
大学と一般のスタートは8時50分、ゴールはスタート地点の男鹿市総合運動公園だ。
秋工OB選手たちも出場する一般の部、各陸上競技協会、陸友会、大館ニプロ秋工OB選手は大館北秋陸協チームで出場する。
高校女子の部には19チーム出場する。仙台育英学園高校は3チーム出場する。
天気予報は雨、

3000m障害決勝 加藤竜聖スピードレースを勝取った
2022/06/17

秋田工高から2人の決勝進出、利府高校齊藤選手一歩前にそれを追う選手たち、第二グループのトップ争い、秋田工高加藤竜聖は後続を約1秒離して2位と実力を発揮できた。米村修翔も第二ゴループから離れたが、力走ぶりを見せた。
これで秋田工高からは2人3種目にインターハイ出場する。

3000m障害決勝
1位 齊藤大空 利府高校3年生 8分58秒90
2位 加藤竜聖 秋田工高3年生 9分06秒52
3位 鬼塚大翔 学法石川3年生 9分07秒43
10位 米村修翔 秋田工高3年生 9分32秒13
11位 佐藤晋太朗大館鳳鳴3年生 9分32秒22

800m決勝大会2連覇大野の強さは
2022/06/16

強い 秋工大野聖登、東北高校総体陸上800m決勝では圧倒的な強さを見せた。2位に2秒以上の差を持って大会新記録でゴールした。

100mは11秒代前半か? 400mでも県内大会で優勝している。今年に入り長距離選手特有のケガとの闘いがあった。「地区大会に間に合わないかもしれない」県内一部大会も出場辞退して調整した。長距離選手として箱根駅伝大会、駒澤大学でゴールテープを切った経験のある高橋正人監督、生徒たちから信頼される高橋正人監督、OB会にも声がかかりました。
秋田さきがけ新聞にも一部掲載していたようで、大野復帰にお手伝いできたことを喜んでいます。

800m決勝
1位 大野聖登 秋田工高3年生 1分50秒04
                (大会新記録)
2位 増子風希 学法石川2年生 1分52秒20
3位 柳田佑太 古川工高3年生 1分52秒47
4位 鎌田鋼星 学法石川3年生 1分52秒76
5位 松本樹伊 学法石川2年生 1分53秒22
6位 伊藤更史 青森山田2年生 1分53秒26

この大会最終日の明日は3000m障害決勝だ。
木村と加藤が出場する。 ガンバレ

大野聖登800m大会新記録で優勝
2022/06/16

大野が得意とする800m 1分50秒代大会記録で優勝
3000m障害 木村は9分28秒38
      加藤は9分17秒55 明日の決勝進出

5000m決勝秋工3選手好記録でゴール、
2022/06/15

5000m決勝、36人のうち35人がゴール、好記録のスピードレースだった。秋工3選手は5000mほぼインターハイ出場できる実力を見せた。
青森山田高校3年生ジョセフムイガイとほぼ互角のスピードレース展開した秋工3年藤本駿世、7位、東北県内の公立高校ではトップの記録でゴールした。
秋工 成田太陽と柏原詩音、14分代でゴールこれからシーズンとなる駅伝大会に大きな期待を持てるスピードレースを展開した。

5000m決勝
1位 工藤信太朗 一関学院3年生 14分06秒20
3位 谷 中 晴 帝京安積2年生 14分11秒84
6位 ジョセフムイガイ 青森山田3年生 14分12秒22
7位 藤本駿世  秋田工高3年生 14分18秒21
8位 馬場アンジェロ光学法石川2年生 14分22秒83
14位 成田太陽  秋田工高2年生 14分47秒06
29位 柏原詩音  秋田工高3年生 14分55秒38
33位 馬場浩太郎 秋田南高3年生 15分15秒94  

大野、池田、800m準決進出 
2022/06/15

東北高校総体陸上2日目 800m予選、大野聖登は予選トップの1分54秒47、池田優也は予選各組3位、1分56秒03で、明日の準決勝進出する。

東北大会1500m決勝大野は2位と力走
2022/06/14

インターハイ予選となる東北高校総体陸上、初日の今日は1500m決勝が行われた。
まだ練習復帰してから2週間ぐらいの大野聖登、高橋監督の指示を受けながら、岩手一関学院工藤信太朗とトップ争いも、無理せず2位にゴールした。

1500m決勝
1位 工藤信太朗 一関学院3年生 3分50秒58
2位 大野聖登  秋田工高3年生 3分51秒73
3位 高田遥斗  仙台育英3年生 3分53秒32
11位 池田優也  秋田工高3年生 4分02秒18

池田優也もスピードレースを乗り越えた。
明日は800m予選と5000m決勝だ。

高校総体審判員70歳定年に
2022/06/10

今年の高校総体陸上競技大会、ご高齢の審判員が少ないと感じました。
70才以上の方に審判員委嘱していないことが分かりました。秋田県内郡市陸協ほとんど70歳以上の役職ではないかと思われます。
80歳過ぎた秋工OBの審判員、見えなくなり病気でなければと思っていたところ、定年制から支援できなくなった。
これまで最優先に審判員に参加して来られた方々、ご家庭サービス優先してください、ということでしようか?
いろいろな配慮しての定年制の施行? 駅伝大会やマラソン大会など郡市陸協支援なければ不可能大会があります。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -