OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

全国高校駅伝大会開会式、各校一般客10名参加で開催
2022/12/24

一般客規制の中で開会式が、京都市立体育館で開催されました。
秋田工業高校区間出場選手たち、ほぼ目標に達した選手たち、開会式では輝いた顔を見せてくれました。
5000mでは安定的な記録更新し、秋田県代表として国体にも出場したキャプテン藤本、5000m区間に起用か?
秋田県予選大会コースでは、ラストスパートする中継点前20mに折り返すなど、悪条件下での記録順位、もうそんなことは言えない同条件下での大会をむかえます。
盆地の京都市は、決して暖かいわけではありません、夏は暑く冬は寒いと言われる駅伝大会コース、この季節の雨だけはないよう祈りたいです。


全国高校駅伝大会が近づいています。
2022/12/19

12月25日は全国高校駅伝大会です。
スタートはお昼の12時30分です。NHKでは実況放送を行います。全コースの状況はテレビにはかないませんが、現地応援も計画しています。
全国高校駅伝大会規定は、すべてがコロナ前に戻ったわけではありません、いまだに感染拡大が続いています。
現地応援をお勧めは出来ませんが、遠方からご家族で現地応援されるOBや後援会員の方は大会前々日までに、
お名前と連絡先をお知らせください、
例年と比較し、予想以上に応援者が増えそうです。
直前の応援支援は出来ない場合もあります。

連絡先 yamahira@dream.ocn.ne.jp

箱根駅伝大会エントリーメンバー発表
2022/12/11

新春恒例箱根駅伝大会出場21チーム、1チーム16名以内、秋田県からは3名、うち2名が秋田工高出身者となっいる。

東海大学4年 竹村拓真
中央大学1年 佐藤宏亮

東海大学の竹村拓真は両角監督からの信頼も厚く各大会実力を出していたので、エントリーは予想されていたが、中央大学の佐藤宏亮1年生からのエントリーは素晴らしい


秋田県からのもう一人は、山梨学院大学2年花輪高校卒業の田選手、

全国大会出場募金のご協力をお願いします
2022/12/10

12月も中旬に入りました。
秋田工高が出場する駅伝全国大会は12月25日、大会に向けてに12月16日に秋田出発、仙台市合宿を経てから、京都へ向かう予定、これら予定に伴い全国大会出場募金を実施しています。
物価高に苦悩する日々の中で、募金をお願いすることも恐縮なところです。
どうか無理の無い範囲でご協力いただけますようよろしくお願い申し上げます。
募金は秋田工高卒業生が勤務する団体、父母の会、OB会員が芳名簿でご支援をお願いしております。

秋田工高駅伝チーム募金口座は

秋工陸上競技部父母の会全国駅伝募金員会

郵便口座 00180-0-515590 です。

払込取扱票をお持ちの方は郵便局ATMからでも振り込みできますが、お持ちでない方は郵便局窓口からお願いします。
昨年までの払込取扱票はご使用できません、
払込取扱票は毎年変わっています。
振り込み出来なかったと言うお問い合わせもあります。

お問い合わせは
  父母の会 池田道也 090-4318-7643
  OB会と後援会は
       山平鈴男 090-2274-7237

 数年前に遠方の方で、すでに地方の同窓会支部が消滅しているのに、芳名簿が届いたことで、授業中の教頭先生まで呼び出し苦情を伝えた事例がありました。同窓会支部は機能していないケースがあることは確認しております。同窓会誌にも支部一覧はほぼ機能していないため掲載しないようお願いし、現在は掲載していません、
今年の募金実行委員会も、父母の会とOB、後援会が実施学校からはご協力いただく形で実施しています。
お問い合わせについては、募金を取りまとめ実施している電話番号にお問い合わせください、




日本陸連U20五輪育成競技者に大野が選出
2022/12/10

今年のインターハイと国体で1500mと800mに優勝した大野聖登、日本陸連U20五輪育成競技者に選出された。秋田工高では初めてではないと思われるが、次期オリンピックに向けて多きな期待がさらにパワーアップ。
大野は順天堂大学スポーツ健康科学部へ入学が決まっている。
高橋正仁監督は、五輪出場は夢ではない、世界で堂々と戦えるよう磨いてほしいと期待を寄せている。

年末年始の全国高校大会秋田県庁で抱負
2022/12/10

年末年始の全国高校各大会には6競技10チームが出場する。秋田工高からは駅伝とラクビーが出場する。
秋田県庁へは駅伝大会では高橋監督と藤本首相が出席した。
藤本は代表挨拶で、「県代表と言う責任感を持って、1区からの流れを大切に3位入賞を目指す」とあいさつ、
1区候補の藤本の責任感ある挨拶だった。

笑顔の写真も届きました
2022/12/01

とちぎ国体800m優勝の後の共同記念撮影会場でしょうか?
800mは国体で終わり、長距離種目に転じると言う大野、でも大学では800mトラック種目もあるのではないか?
大野聖登の笑顔はとても優しくて、大野に笑顔が似合う、
秋田工高陸上競技部の3年生たちは、キャプテン藤本駿世を中心に文武に健闘が目立ち全員が進学すると言われる。
彼らに大学卒業後の希望についてもいつか聞いてみたい、

大野5000m13分代を記録
2022/12/01

 全国高校駅伝大会まで1カ月切った。11月末に行われた日体大記録会、800mを国体で終わると区切りをつけた大野登3年生、11月末に行われた日体大記録会、5000mでは13分代を記録、秋田工高では3人目、全国高校駅伝大会前に記録した選手としては、大野聖登が初めてだ。これまで湊谷春紀、齋藤椋に続く快挙だ。

日体大記録会5000m
大野聖登3年生 13分56秒18
米村修翔3年生 14分24秒07
高橋楓河2年生 14分44秒93
14分代の記録を照会、

全国大会1カ月を切りそれぞれの調整のため全ての、生徒は出場していない

写真左は全国大会出場後の記念写真、中と右は国体800m
決勝ラストスパート、右はゴール後祝福される大野聖登、大野は丸刈りが似合う、
この2枚の写真は、応援してくれる方からOB会に送っていただきました。

とちぎ国体優勝選手大野聖登ら秋田県知事を訪問
2022/11/19

国民体育大会 とちぎ国体秋田県選手の優勝、及び準優勝種目、少年男子800m、カヌー種目の4選手が県庁を訪問して、佐竹秋田県知事に大会報告を行った。
全国高校駅伝秋田予選大会前に丸刈りし、知事報告でもさっぱりして記念撮影した。

4区 6区 7区 
2022/11/10

4区は高橋楓河 6区は築山伯 7区は柏原詩音
14位でゴールした。

各県大会の記録は、トップ記録が仙台育英の2時間3分54秒、次は学法石川の2時間6分34秒3番目が秋田工高の2時間7分47秒、となっている。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -