OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

高校総体開始時間が変わっています。ご確認を
2023/05/19

800m出場選手
成田太陽
黒澤海羽音
佐藤凌那

予選5月20日10時50分
準決5月21日10時20分
決勝5月21日13時20分

1500m出場選手
成田太陽
黒澤海羽音
本間柚己

予選5月19日11時30分
決勝5月19日15時55分

5000m出場選手
細谷流音
高橋楓河
野村汰輝

予選5月20日14時55分
決勝5月21日10時45分

5000m競歩出場選手
池田知洋
佐々木健匠

決勝5月20日13時50分

3000m障害出場選手
田中佑空
築山 伯
熊谷裕貴

予選5月21日15時25分
決勝5月22日13時35分

女子出場選手  伊藤愛夏
1500m
予選5月19日12時45分
決勝5月20日11時55分

3000m
決勝5月22日12時15分




全県総体陸上が5月19日から4日間です。
2023/05/17

例年より1週間早くなっているこれまでの高校スボーツ大会、県立陸上競技場(雄和)では5月19日から4日間開催される。
初日の5月19日は午後3時55分から1500m決勝が予定されている。
秋田工高からは初日午前中に予定されている予選から
成田、黒澤、本間が出場する。成田、黒澤は800mにも出場する。
2日目の20日土曜日は女子1500m 決勝が11時55分から予定されている。
男子5000m決勝と800m決勝は21日、日曜日予定されている。
詳細時間等について明日19日お知らせします。

千秋公園ツツジ祭り
2023/05/15

例年千秋公園はツツジ祭り期間ですが、桜の開花と同様に10日間以上早いそうです。
秋田市民の憩いの場、散歩コースとしてはとても健康的な場所です。
ある小学生の女の児童が「いのししを探す。」「見つけたらどうするの?」と聞いたら「焼き鳥にする」と言う元気な児童がいました。
千秋公園にいのししは聞いたことがありません、熊の出没はあったのです。

中央地区陸上最終日3000m障害3位まで秋工、伊藤愛夏3000m1位
2023/05/07

中央地区高校総体陸上競技大会、最終日は3000m障害決勝、スタート直後から秋工田中が一歩リードしてゴール前を通過、田中はレースをリード、秋工 築山も必死に田中に付いて行こうとしながらレースは終盤、スピードとハードリングを軽快に飛ばす田中が、必死に続く築山に約23秒差でゴールした。
3位となった秋工1年生熊谷も公式戦初レースを力走、力強さを見せた。

3000m障害決勝

1位 田中佑空 秋工3年生  9分49秒44
2位 築山 伯 秋工2年生 10分13秒79
3位 熊谷裕貴 秋工1年生 10分18秒87
4位 斎藤以心 本荘2年生 10分58秒94
5位 武田 翼 秋田2年生 11分16秒25
6位 熊谷拓未 秋北3年生 11分26秒12

女子3000m
1位 伊藤愛夏 秋工3年生 10分18秒18
2位 小林夕尋 秋田    10分34秒21
3位 村井咲季 秋田    10分36秒26

大雨強風の中、5000m800m 決勝
2023/05/06

悪天候の中、5000m決勝が行われた。
結果は3位まで秋工の独占だった。
走る選手にとっても、前も見えないほどの強い風雨だった。

5000m決勝
1位 高橋楓河  秋工3年生 15分14秒02
2位 野村汰輝  秋工2年生 15分22秒65 
3位 佐藤凌那  秋工2年生 15分49秒96
4位 目黒 嶺  金農3年生 15分56秒96
5位 加藤 樹  本荘3年生 16分08秒53

800m決勝は風雨は5000m決勝時より若干良かった。
秋工大野に続く選手層、好記録とともにこれから期待できる選手たちばかりだ。

800m決勝
1位 成田太陽  秋工3年生 1分57秒23
2位 荻原太陽  金農2年生 1分57秒63
3位 黒澤海羽音 秋工2年生 1分59秒47
4位 中泉大吾  秋田3年生 1分59秒68
5位 本間柚己  秋工2年生 1分59秒81
6位 佐藤優真  明桜2年生 2分00秒71

写真は5000m決勝時にトラブルがあり、5000m決勝写真だけとを掲載します。

中央地区大会2日目、伊藤愛夏1500m大会記録を更新する
2023/05/05

秋工3年 伊藤愛夏女子1500m決勝、予選通過した18名が出場、昨年より走力を増して大会記録を更新した。

女子1500m決勝

1位 伊藤愛夏 秋工3年生 4分43秒44 大会新記録
2位 小林望迪 明桜3年生 4分48秒33
3位 村井咲季 秋田3年生 4分52秒41
4位 小林夕尋 秋田2年生 4分55秒38

男子5000競歩
午後から気温が上昇苦しいウォーキングとなった。
秋工からは2選手が出場、佐々木だけがゴールした。

1位 村井陽紀  秋西3年生 27分03秒90
3位 佐々木健匠 秋工2年生 30分24秒76
4位 奈良藍生  令和3年生 31分47秒33

秋工池田知洋2年生は失格(競歩のファール基準が厳しく、ウォーキングゴールしてから失格とされるケースが珍しくない、OBではオリンピックを目指した小林快などもいるが、詳細に質問したり説明できるOBも近くにはいない、結果を見て監督の橋先生から指導を受けて次に向かってほしい)

写真左と中は女子1500m決勝、右は秋工から2選手が出場した男子5000m競歩

中央地区高校陸上初日1500m決勝3位まで秋工
2023/05/04

初夏を思わせる日差しの強い時間が続いた5月4日中央地区高校陸上競技大会初日の競技が開催された。
秋工の決勝種目は1500m、予選を通過した3選手が決勝で競い合った。
スタート一周目を金足農高荻原太陽2年生がトップで2周目に入った。その後は秋工3選手の力走で3位まで独占できた。

1500m決勝
1位 成田太陽  秋工3年生 4分00秒01
2位 黒澤海羽音 秋工2年生 4分03秒41
3位 細谷流音  秋工3年生 4分09秒73
4位 加藤 樹  本荘3年生 4分09秒89
5位 荻原太陽  金農2年生 4分10秒75
6位 工藤 臭  秋央3年生 4分12秒81

写真から ゼッケン405 成田太陽
     ゼッケン408 黒澤海羽音
     ゼッケン406 細谷流音


中央地区高校総体陸上競技大会が5月4日から5月7日です。
2023/05/02

今年度の高校総体陸上競技大会は、5月4日から5月9日まで秋田市雄和 県立陸上競技場です。
直接応援してください、
新しいメンバーも加わり、秋田工高の陸上競技部がスタートしています。

出場選手一覧

800m   成田太陽3年 黒澤海羽音2年 本間柚己2年
1500m   細谷流音3年 成田太陽3年 黒澤海羽音2年
5000m   橋楓河3年 野村汰輝2年 佐藤凌那2年
3000mSC 田中佑空3年 築山 伯2年 熊谷裕貴1年
5000mW  佐々木健匠2年 池田知洋2年

女子:伊藤愛夏3年
1500m:3000m 2種目

競技日時

1500m 5/4 予選 11:50〜
       決勝 15:10〜 
1500m(女子) 5/4 予選 14:00〜
       5/5 決勝 12:20〜
3000m(女子)    5/7 決勝 12:15〜

800m 5/5 予選 11:30〜
    5/6 準決 10:15〜
       決勝 13:30〜
5000mW 5/5 決勝 14:10〜

5000m 5/6 決勝 10:40〜

3000m障害 5/7 決勝13:50〜

大館山田記念ロードレース大会樹海ドーム前からスタート
2023/04/30

大館市恒例の山田記念ロードレース大会、市内広範囲で交通規制が行われて実施された。
多くの市民もボランティアで参加するこの大会、秋田県内外から多くの健脚たちが参加するハーフマラソンと10キロロード、その他にも小刻みにスタートする大イベントだ。
秋田工高陸上競技部のOBたちも多く参加していると思われる10キロ、ハーフにも出場しているか? 写真からは2人のOB選手より発見できなかった。
発見できたOBは、平成22年卒の佐々木渉、平成25年卒の渡辺和博、

写真左はハーフのスタート直後 写真中は10キロロードスタート直後の渡辺和博 写真右は10キロロード9キロ付近の佐々木渉

慎太郎の悲しみにただただ言葉少なげに
2023/04/29

平成29年1月28日、3年生を送る会が父兄会主催で行われた3枚の写真を掲載します。

たくさんのOBたちから慎太郎についてお便りの連絡があります。
まだまだそれぞれの想いに時間がかかりそうです。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -