OB会だより

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

コロナ感染拡大不安の中、間もなく20万回です
2021/05/08

 秋工陸上競技部OB会ホームページ、間もなく訪問者数(アクセス者数)が20万回です。投稿者が8名だから訪問者数が多いのだと思われます。
秋工卒生や陸上競技部卒業生ご父兄の方々、大学の関係者からもご利用いただいていることが分かります。
投稿者の方々には、秋工ラクビー部卒業生、東京秋工会、京都の秋工駅伝ファンからもエール届きます。

数年前 金足農高の先生から、小泉潟中央地区高校駅伝大会時に、秋工陸上競技部OB会ホームページの話題を近くで聞くことが出来ました。(数メートル近くから聞こえてきました)
「各選手へのシンプルな評価がとても良い、写真がきれいだ」
熱狂的ファンからは物足りなさがあるそうです。
調子のよいときもあれば、悪いときもあるものです。
選手や監督も皆同じです。
見守る応援だから続くのです。

潟上市医療介護施設でコロナ感染が続いています。
秋田弁「ねっこばってしゃべるな、そんな人の近くには行くな」言い方、しゃべり方 なかなか変えられないもの、でも注意人物にされてはたまらない、みなさん注意しましょう、






スタート時間の再確認と応援を
2021/05/07

 選手1人に対して家族2人までの応援と言う、コロナ感染防止対策と言うことでしたが、応援者も少なく、家族以外の応援も可能でした。
各種目の開催時間の確認をして下さい、
最初にお知らせした時間は、選手たちの集合時間を学校から届いていました。
スタート時間を表示していますので、ご確認御願いします。

1500m:決勝男女とも優勝、男子大野は大会新記録
2021/05/07

 初夏の天候となった秋田市雄和県立陸上競技場、しばらく見えなかった秋田工業高校陸上競技部女子選手の力走を見ることが出来た。
女子1500m決勝、秋工1年伊藤愛夏、秋田中央2年生泉谷選手と競い優勝、男子では2年生大野聖登、大会記録を意識した力走、3分55秒20 大会記録を更新した。

女子1500m決勝
1位 秋工1年 伊藤愛夏 4分49秒47
2位 秋田中央2年 泉谷 4分49秒77
3位 明桜3年 荻原 5分00秒32

男子1500m決勝
1位 秋工2年 大野聖登 3分55秒20 大会新記録
2位 秋工3年 佐藤祥樹 4分03秒94
3位 本荘高校3年橋秀弥4分10秒22
5位 秋工1年 田中佑空 4分10秒76

写真左は女子1500m決勝秋工1年伊藤愛夏はスタートから上位を維持、写真中と右は大会記録を意識した大野聖登の力走、佐藤祥樹、田中も好記録でゴールしている。

おっと 大変です
2021/05/04

 昨日 コロナ感染したOBからお便りいただきました。
今朝になり さらに2人のOBから「コロナの合併症に苦しんでいる」と お便りありました。

今では、コロナ感染者が周囲に沢山いると思って行動会話して欲しいとのお話でした。
2人の方は退院しているそうですが、日常生活が出来ない合併症に苦しんでいるそうです。

最後に、「京都の全国高校駅伝大会にまたできれば応援に行きたい」と ぽつりお話がありました。

飛沫の危険性
近くで小声で話すことより、離れて大声で話すことが、飛沫感染の危険性が高いそうです。
どこでも市販されているマスクでは、離れて大声だと、マスクを飛び越えるそうです。
声の高い人は、マスクしないと約15m飛沫が飛んでいるそうです。
飛沫対策をしていない、レストランや食堂には入らないようにして下さい、

コロナに感染して後悔しているOBからお便り
2021/05/03

「コロナは自分には関係ないと思っていた。大声で飲んでその日のうちに、体温が上がり病院に行き、検査の結果、感染していることが分かった。入院2時間後胸が苦しくなりこのままでは、呼吸が出来なくなると言われ人工呼吸器を付けてしまった。飲んだ次の日早朝人工呼吸器を取り付けられた。」
「回復したことになっているが、後遺症に苦しんでいる。味覚、頭痛、すぐ呼吸困難になる。無力感が強烈です。」

「OBの皆さん、絶対に感染してはいけません」
日頃から声が高い人、マスクを忘れず、出来る限り会わないことです。千葉から友人を迎えて川端の天ぷら屋さんに行こうとしていた一部OBの皆さん、危険地域に立ち寄らないでください、





秋田もコロナ感染が深刻となりつつあります。
2021/05/02

 関東周辺のOBの皆さん、秋田に来られていませんね、
川反、大町周辺にコロナ感染者発表されいてから、家族友人たちに広まっています。
退職されているOBの皆さんは、声の高い人ばかり、秋田弁で言えば「ねっこばってしゃべる」人たちが多く、敬遠されていることを、ほとんど理解できないでしょう、
耳も遠くなっている可能性もあります。
「ねっこばってしゃべる人のそばに行くな」「両親や祖父母から言いつけられている」高校生からのお話です。どんな人であれ、特に多くの人と会う仕事の人には要注意です。
「口につばをためて話すような人からは、飛んでいる。そばに行くな」ある市役所コロナ感染対策室75才以上ワクチン受付者数は一週間に325人、5分で受付終了しました。コロナ感染は他人事ではなく、身近になりました。ワクチン投与についても関心が高く、電話が通じないと市役所に苦情に来られたご高齢の方が、声が高く市役所職員に緊張が走りました。もっとご高齢者の方が不安なく予約できる仕組みを考えなければいけない、ワクチン投与券を一斉に送った市は大混乱しています。
秋田市、年齢区別ごとに一定間隔で郵送中、さすがは秋田市です。

コロナ感染に気をつけてください、
変異ウイルス、ワクチンの効果を疑問視する報道もありました。自分自身の感染防止策徹底してください、



これからの主な日程
2021/05/02

 OB会の総会等は今年も中止となっています。
同窓会関連についても、中止の方向に、
各陸上競技大会については、応援者数制限し開催の準備が進んでいます。

5月7日〜10日まで、中央地区高校総体陸上、雄和県立
5月28日〜31日まで、全県高校総体陸上、 雄和県立
6月26日 男鹿駅伝大会 男鹿市体育館スタートゴールコース
7月1日〜4日まで 国体予選 雄和県立
10月24日 全国高校駅伝秋田県予選 秋田市コース
12月19日 全国高校駅伝大会 京都市

中央地区高校総体陸上競技大会について
2021/04/30

 中央地区高校総体陸上競技大会は雄和県立陸上競技場、5月7日から秋工選手が出場します。
コロナ感染拡大が注視される中、選手1名に対して一家族2名までの応援となっています。
秋工選手では、しばらく見えなかった女子選手が1500mと3000mに出場します。

5月7日(金)
1500m(女子):伊藤愛夏1年
予選 12:00
決勝 15:30

1500m(男子):佐藤祥樹3年.大野聖登2年.田中佑空1年
予選 12:20
決勝 15:45
========== ・ ==========

5月8日(土)
800m:杉本真弥3年.大野聖登2年.池田優也2年
予選 14:00

5000m:小松聖2年.藤本駿世2年.柏原詩音2年
決勝タイムレース 15:20
========== ・ ==========

5月9日(日)
800m:準決勝 12:15
========== ・ ==========

5月10日(月)
3000mSC:武藤颯3年.三浦優真3年.加藤竜聖2年
決勝タイムレース 11:40

3000m(女子):伊藤愛夏1年
決勝タイムレース 12:50

秋田市民陸上5000mは才村が好記録を樹立
2021/04/29

 秋田市民陸上一般男子5000m 才村流成CITYRUNNER が出場、14分54秒17を記録しています。
新型コロナ感染対策社会環境から、一般ランナーの出場機会が減少していますが、才村流成は大会に向けた調整を確実にしています。
男鹿駅伝大会、十和田八幡平駅伝大会など、今年は予定通り開催予定となっています。
才村はじめ、OB選手の活躍を期待しています。

一般男子A5000m
1位 才村流成(24歳)CITYRUNNER 14分54秒17
2位 土井健太郎(22歳)土崎陸友会15分11秒06
3位 石濱佑真 秋田大学1年 16分08秒55
4位 佐藤智一(22歳)秋田自衛隊16分27秒96
5位 籾山雄介(33歳)土崎陸友会16分28秒79


秋田市民陸上1500mでは上位7位まで秋工独占
2021/04/29

 今日 29日は大館市山田記念ロードレース大会、新型コロナ感染対策のため、これまでと違ったコース、様式で開催されています。
秋工は、秋田市民陸上競技大会1500mに出場しています。一週間後に中央地区陸上競技大会もひかえていることもあります。
雄和の県立陸上競技場、秋工は一般男子A組1500mに出場1位となった大野聖登2年生は4分を切る大会記録を更新しています。

一般男子A組1500m
1位 大野聖登 秋工2年 3分59秒39 大会新記録
2位 杉本真弥 秋工3年 4分05秒12
3位 藤本駿世 秋工2年 4分06秒46
4位 池田優也 秋工2年 4分08秒02
5位 佐藤祥樹 秋工3年 4分10秒48
6位 小松聖  秋工2年 4分15秒43
7位 加藤竜聖 秋工2年 4分19秒33

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -